HOME»  フリーページ»  ピントビーシュリンプ


 
トップページへ戻る
お客様画像確認ページはこちら
リンクページ
アクセス・地図はこちら
 

注目コンテンツ

飼育でお悩みの方へ

飼育方法について

▲当店の飼育情報や、お客様から頂きました、ご意見・ご質問をご紹介しています。
HOME»  フリーページ»  ピントビーシュリンプ

ピントビーシュリンプ


当店のピントビーはドイツ純血種から
交配を重ね産出された個体になります。



【ブリード】

人口飼育下では自然淘汰が行われなく本来なら淘汰
されるべき固体も気付かずに、ペアリングをしてしまう
結果になりがちです。 運悪く弊害・障害がある固体の
不良形態の遺伝子を固定化してしまう恐れもありその
結果、体質の弱い固体や繁殖能力が劣る個体が産ま
れやすくなるという可能性も少なくありません。


当店のブリードは細部まで拘りをもち、良質固体作りを
心掛けています。単に増やせば、いいだけの増殖家で
はありません。 頑丈で順応性のある、望ましい特徴を
備えた固体を産出するように日々努力しています。また
親から受け継がれる、遺伝特質を引き出し適切な繁殖
方法を行い、多数の生体の中より、厳選した優良形態
を持つ優秀な固体のみでペアリングをしています。

ピントビーを専門的に、ブリードをしていると解るのです
がドイツ純血ピントビー(ヨーロッパ系)は、産出してくる
個体を考察するとファンシー系と交雑されていることが
一目瞭然であるように孵化固体からビー、タイガー表現
形質の出現がよく見られます。 本土においても累代が
浅くまだまだ固定化されていないようです。個人の好み
の違いはありますが当店のピントビーは、それらの変異
形質の出現を無くすように美観的にも、好みの表現形質
を備えた優秀固体で交配を重ねていますので、明らかに
変色、変異である表現形質を現す固体の出現は見られ
ません。薄くぼけているような表現固体の出現も、今の
ところありません。



【飼育・繁殖】

当店のピントビーシュリンプは、成長が早く飼育は容易
であり、繁殖可能時期も早く簡単に繁殖を楽しめます。
過去に様々なシュリンプ繁殖を経験してきましたが、他
シュリンプと比較しても、もっとも容易である種類だと思
います。購入後の、お客様の実感も他シュリンプと比較
すると体質が強く、抱卵数も多く、孵化後の生存率も高
く、容易にブリードが成功し、勢いよく固体数を増やして
いるとの報告を多数いただいていております。



【特徴】

成長とともにボディーやヘッドの白地がブルー色に染ま
る固体が多く、とくにヘッドスポット部分の白地がブルー
色に染まる固体が多く見られる。脱皮を繰り返すごとに
ブルー色が濃くなる傾向があります。スポッテッドタイプ
(斑点のある)については、成長においてピンドット、サッ
カーボール柄(
ヘッドスポット部分)の表現が鮮明に大き
くなり、スポット数が増していく固体も少なくありません。
またゼブラタイプについても
ヘッドスポット部分はスポッ
テッドタイプ同様であり、
稀にヘッドスポット数の増大と、
ともに斑点が重なりあうことがあります。ボディー部分は
ライン減少とともに、白地化に変わっていく表現固体が
度々見られます。



【環境】

GH???? 4~6
PH ?? 6.0~6.8
TDS  160~220ppm
soil ? オリジナルソイル
food  有機栽培ホウレン草・固形タブレット

??????
リスクの高い株式投資